あなたの家にもお宝が!古銭の価値見極め法

まず希少性が大切な要素

古銭と聞くと大判小判や永年通宝といったものを連想しますが、昔の貨幣であれば幅広く買い取りの対象になります。近年、古銭の買取価格は低下傾向にあります。それというのも、収集家が減って市場の流通量が増えているからです。家に眠っている古銭を買取りに出すなら、今がベストタイミングかもしれません。 古銭の価値は、その希少性と状態の良し悪しによって決定されます。まず希少性です。当然珍しいものには高い金額が付きます。例えば明治以降に作られた近代貨幣の場合、製造年によって作られた数が違うため、元の製造数が少なく手に入りにくいものには高値が付きやすくなります。また、明治初期に使われれていた20円金貨や5円金貨はは特に高値が付く可能性があります。

綺麗な状態で保存されていれば、更に良し

古銭の状態がどうであるかも、その価値を決める重要なポイントです。保存方法が悪いと、コインや古銭の状態が変化し、買取価格が低くなってしまうことがあります。もちろん古銭はそれ自体が古いものなので劣化したり汚れが付いているのは当然なのですが、適切に保存していると、傷みは最小限で食い止めることができます。 貨幣の場合は金属なので、酸素や水分に触れさせないことが第一条件となります。可能であれば密閉容器に脱酸素剤、乾燥剤と一緒に入れておくと状態を綺麗に保つことができます。 とはいえ、状態が悪いからと買取りに出すことを諦めてしまうのは勿体ないです。錆びてしまった硬貨や折れた紙幣も、希少なものであれば高値が付くことがあります。素人判断せず、一度プロの目で査定してもらうことが大切です。