家にある古銭は売れるの?古銭の価値と買取とは

明治以降のお金は額面そのままで買い物に使えることも

古い家には古銭が眠っていることがあります。たとえば、祖父母の遺品を整理していたら、明治などに発行された硬貨や紙幣がたくさん出てきたというケースは珍しくありません。 実はこうした古いお金は、使おうと思えば使えるものもあります。たとえば、明治時代に発行された一円札は、スーパーで買い物をしたときの支払いに出してもいいのです。ただ、もちろん一円札は一円という扱いになります。 また、銀行に持ち込めば今のお金に交換してくれます。しかし、例外もあり、単位が「銭」のお金は交換してもらえません。というのは、「銭」に該当するお金が、今の日本には存在していないからです。 なので、もっとも効率のいい処分方法は古銭ショップに持ち込むことでしょう。

金貨と銀貨は高い値段で売れる可能性あり

では、家に無造作にしまわれていたような古銭が売れるのかというと、物によっては高価買い取りが期待できます。まず、家にあった古銭に金貨か銀貨が含まれていたらラッキーです。一円金貨は発行枚数が多く、古い家であれば何枚かあっても不思議ではありません。もし、未使用品であれば、売ればちょっとしたお小遣いができるでしょう。 また、昔行われたイベント時に発行された記念硬貨の中にもプレミアがついているものが何枚かあります。記念硬貨は基本的に利用することがなく、保存状態がいいので、レアなものは買取価格も期待できます。 ただ、中には古いけど額面以上の値にならないものもあります。たとえば昭和28年に発行された100円札です。初期に発行された一部のものを除き、古銭ショップに持っていっても100円以上にはまずなりません。