古銭はいつの時代のもの?簡単にわかる集め方

古銭の集め方について

古銭収集の醍醐味は、集めた小銭の背景を知り使われていた当時の生活に思いをはせることにあります。 古銭の歴史についておさらいしましょう。 初めて作られた貨幣については8世紀につくられた和同開珎であるといわれてきましたが、最近の研究で、富本銭がそれ以前に作られていたことが明らかになりました。戦国時代に初めて金銀貨が登場しましたが、江戸時代にはたびたび貨幣の改鋳が行われ、金銀貨の品位を引き下げました。円が誕生したのは明治に入ってからのことです。明治政府は江戸時代の貨幣を流通させると同時に「円・銭・厘」の金銀貨を採用しました。 このようにお金の歴史は奥深いものです。もっと詳しく知りたかったら、貨幣博物館に行ってみるのはいかがでしょうか。 また、個々の古銭の価値を知りたい方には日本貨幣カタログがおすすめです。写真付きなので古銭収集初心者でも分かりやすい説明書となっています。

古銭の保管方法について

収集した古銭はどのようにして保管したら良いのでしょうか。 まず第一に、磨いたり薬剤で洗浄してはいけません。古銭の表面に傷がつき価値が下がってしまいます。ただし汚れは気になりますよね。どうしても気になってしまう方は、コイン専用のクリーナーを活用するのも一つの手です。 第二に古銭用の収集用品を活用しましょう。長期保存を考えるのであればコインホルダーを利用するのが良いでしょう。コインホルダーには様々な種類があるので、自分の気に入ったタイプを使うのが一番です。酸素に触れさせないようにすることで古銭の状態を保つことができます。脱酸素剤もうまく活用し、できるだけ空気に触れにくいコインホルダーを選ぶようにしましょう。専用の収集用品以外では、ジップ付きのビニール袋や写真用アルバムも利用することができます。